パスポート取得申請代行

離婚相談

一般酒類小売業免許

古物商の許可

著作権登録代行

外国人在留資格相談

内容証明郵便作成


恩田行政書士事務所HOME

古物商許可申請代行業務について

恩田行政書士事務所

東京都豊島区南池袋1-9-18-240

電話 03-5950-7079

営業時間 9:00-18:00

「古物商営業許可」とは

リサイクルショップ等の中古品の販売店を開業しようと考えている起業家の皆様に

必要な営業許可が「古物商営業許可」です。

この営業許可は、不正な物品が世の中に流通してしまうことを防ぐことを目的としているため、

新品を販売しているお店が、すでに自らが販売した商品のみを

買い取って販売するだけであれば「古物商営業許可」は必要ありません。


同じフリーマーケットに出店するとしても、

自宅で使用する目的で購入した品物を販売するだけであれば 「古物商営業許可」は必要ありませんが

仕入れをして出店するのであれば 「古物商営業許可」が必要になります。


営業許可申請に際しては現地での審査もあります。


そのため住んでいる場所とは別に新しく店舗の物件を借りる場合は、


借りた後でないと申請できません。


申請から許可までは40日ほどみていおいた方が良いため、


実際に営業を始める日の40日前よりさらに余裕をもって申請の準備を始めておいた方がよいでしょう。



申請代行業務(書類作成代行)について

開業準備の忙しい時間を有効に使いたいと考えている起業家の皆様にとって

申請手続きをご自分だけでこなすことは頭の痛いことであると思います。

許認可申請の専門家である行政書士に代行を依頼することによって

ご本人でないと記入できない部分と、代行できる部分を切り分け、

また窓口となる警察署との連絡にかかる手間を抑えることが可能になり

開業に向けた貴重な時間を保つことができます。




必要書類についてはこちらのブログを参照してください。


<<ブログ「古物商(中古ビジネス)で開業する」>>


==当事務所に依頼するメリット==

書類の作成代行のみをお引き受けすることもできますが、

行政書士はご依頼者の委任を受け、申請に必要な住民票の写し等を役所に請求することができます。

そのため必要書類の請求もお任せいただければ開業準備期間の時間と労力の削減に大変有効です。


ご依頼についてのご相談、お見積もりはE-mail、電話にてお受けします。


行政書士 恩田邦夫

(登録番号 第07081179号 / 東京都行政書士会 会員番号 第6896号)

Copyright (C) 2007-14 恩田行政書士事務所 All right reserved
本ホームページの内容の全部又は一部の無断での転載・模倣を固く禁じます。

inserted by FC2 system